メインメニューを開く

差分

m
Yonatanhによってコモンズから削除されたファイル"Gr 20cents.jpg"を除去。
1821年[[ギリシャ独立戦争]]が始まった。トルコ軍と戦いつつ味方同士での対立も生じていたギリシャの独立勢力は、1927年に国民会議を開き、国内の対立に関与しておらず、列強諸国とのつながりを有するカポディストリアスを大統領に選出した。ギリシャ独立に対する賛助を求めヨーロッパ諸国をまわったあと、彼は1828年に[[ペロポネソス半島]]の都市[[ナフプリオ]]に上陸した。ギリシャ本土に足を踏み入れたのはこの時が初めてであった。トルコとの戦争に内戦も加わり、国を治めるべき政府は形骸化していた。カポディストリアスはイオニア諸島の時と同様に国家体制の整備から初め、まずは国軍の成立をおこなった。[[伝染病]]の為に隔離施設を設置し、[[サルモネラ|腸チフス]]、[[コレラ]]や[[赤痢]]などに罹患した患者を収容した。独立戦争は列強諸国の干渉によって終結し、オスマン帝国との間に和平条約が結ばれた。カポディストリアスは新貨幣を導入し、地方自治体の整備を行った。そして国民の生活水準を引き上げる為に[[ジャガイモ]]の栽培を奨励した。
 
 
[[画像:Gr 20cents.jpg|thumb|ギリシャの20レプタ硬貨]]
国家の権威を高めるため、彼は伝統的な地方の貴族・有力者の力を弱代化させる政策をとった。しかし彼は、トルコとの独立戦争に参加した指導者達の勢力を見誤った。[[ラコニア]]地方でそれらの指導者と新たに任命された知事との間に争いが生じた際、彼はロシアに軍隊の派遣を要請している。ギリシャ軍の多くは未だ独立戦争指導者たちの影響下にあった。1831年彼はマニ半島の有力者ペトロス・マヴロミハルスを反乱の疑いで投獄した。これに反発したマヴロミハルス家の一族二人により、カポディストリアスは1831年10月9日ナフプリオの聖スピリドナス教会で暗殺された。後任の首相には彼の弟であるアウグスティノス・カポディストリアスが就任したが、数ヶ月後、列強諸国によりギリシャには王制が導入され[[バイエルン]]王国の王子が[[オソン1世]]として王位に就くことになった。
 
73,150

回編集