「クローズ」の版間の差分

* 『クローズ』という題名は、不良少年のことをカラス(CROW)にたとえたことから付けられている。本作が始まった当初は、『カラスの学校』と異名を取る超不良校・鈴蘭男子高校に転校してきた主人公・坊屋春道を軸に据え、様々な強敵と喧嘩を重ねて友情を育んでいく様子を描いていたが、連載が進んでキャラが増えてゆくにつれ、群像の中の個人描写に重点が置かれるようになっていった。
* 主要登場人物は全て男性である。学校が舞台であるが、授業、部活動等の学生生活の風景は全く描かれず、教師も端役以外では登場しない。ただひたすら、喧嘩や遊びといった不良的な青春を謳歌するのみである。 また、物語の舞台となる地域が具体名で語られることが決してないことも特徴的。主人公たちの暮らす街はどこの都道府県に属しているのか明かされないだけでなく、架空の自治体名も登場せず、「街」とか「この街」といった抽象的な言葉で語らる。
 
* 『クローズ外伝』は、クローズ本編の人気脇役キャラを主人公に据えたサイドストーリー集である。『続クローズ外伝』には、本編での描写が薄かったキャラを掘り下げて描いた短編が二編収録されている。
* 舞台となる鈴蘭男子高校の校舎は、高橋氏が通っていた福島県立坂下高等学校をモデルに描かれていた。
 
* 過去に2度、[[OVA]]で[[アニメ]]化されたことがある。
 
== あらすじ ==
127

回編集