「バレッタ (装身具)」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
m編集の要約なし
'''バレッタ'''(barrette - 語源は[[フランス語]])は、裏面に金具がついた形状の'''髪留め'''のことである。主に、[[女性]]用を指すことが多い一種。[[日本語]]では「バレット」と表する場合もある。
主に大き目の表面(土台)の裏側に髪をはさんで固定するための金具が取り付けられたものを指す。
 
表面は装身具として様々なデザインがなされており、頭部の装飾と、髪をまとめるという実用的な目的を合わせ持つ。
[[樹脂|プラスチック]]や[[金属]]、[[革]]製のものが多く売られているが、[[七宝]]焼や[[カメオ]]、宝石、貴金属等が用いられたものもある。
 
裏面の金具は種々[[鉄]]などの金属であり、表面は[[セラミ弾力を持たせたクリク]]([[七宝]]焼、[[カメオ]]等)、宝石、貴金属等プや滑り止め用い設けられており、強い力で髪を固定することができるようになって
 
横方向からはさんで留めることができるため、髪が非常に長い場合などはヘアゴムよりもまとめやすく、また跡がつきにくい。
ロングヘアの女性にとっては、簡単にまとめられる上、長さがあまり見えない『ネット付きバレッタ』を愛用している人も多い。
強い力で留めることができるため、アップスタイルなどにしてもくずれにくい。また[[シニヨン]]の上から被せることができる小さなネットつきのバレッタもあり、ヘアピンなどを多用しなくてもスタイルをキープしておくことができる。
 
JRの女性駅員は、大抵ネット付きバレッタで髪をまとめている。
 
{{stub}}