「外務省外交史料館」の版間の差分

編集の要約なし
 外務省外交史料館(The Diplomatic Record Office of the Ministry of Foreign Affairs)は、外務省の一施設として昭和46年4月15日に開館。外交記録の管理、保存、展示、および公開業務を実施し、かつ『日本外交文書』の編纂刊行業務を行う機関して、昭和46年4月15日開館する
 閲覧室では、戦前・戦後期の外務省記録(外交記録)が所定手続き(身分証明書提示)の後、閲覧業務を行ってい可能である。
 
 外交記録は、旧記録(明治・大正期)、新記録(昭和戦前期)、戦後記録(昭和戦後期)に大別され、身分証明書を提示すれば閲覧可能。
 
 外交記録は、明治・大正期(旧記録)、昭和戦前期(新記録)、昭和戦後期(戦後記録)に大別される。明治・大正期の記録は1門(政治)、2門(条約)、3門(通商)など全8門、昭和戦前期の記録はA門(政治・外交)、B門(条約)、E門(経済)など全16門に分類され、4万冊を越えるファイル(いわゆる「青ファイル」)に収められている。戦後記録については昭和51年より公開が開始され、主としてマイクロフィルム、CDーROMによって閲覧する。
 
 その他、幕末外交の一級史料と言われる「通信全覧」「続通信全覧」、幕末からサン・フランシスコ平和条約(昭和26年)に至る条約書、国書・親書、吉田茂元総理関係資料、議会資料、外務省茗荷谷研修所旧蔵記録、歴史的価値が認められる開示文書(写し)、個人文書、書簡類などを所蔵。
 年一回『外交史料館報』を発行すると共に、研究の第一人者を招き講演会も実施している。
 
 昭和63年7月開館した別館(吉田茂記念事業財団〔現吉田茂国際基金〕の寄贈)には、展示室、収蔵庫がある。
 
 年一回『外交史料館報』(年刊)を発行すると共に、内外の外交史研究の第一人者を講師に招き講演会も実施している。
 
 東京都港区麻布台1-5-3。
 開館時間10:00~17:30
 休刊日 土曜、日曜、国民の祝祭日、年末年始(12月28日~翌1月4日)、および臨時の休刊日として公示した日。
匿名利用者