「復興号」の版間の差分

m
m
* 40SPK2000型25輌と40SPK2100型5輌が改造され{{lang|zh|莒}}光号となる。
* 35SPK2200型と35SPK2150型の上部に空調装置が増設され{{lang|zh|莒}}光号となる。
* <!--[[通勤電車 (台湾)|通勤電聯車]]-->[[台湾鉄路管理局の通勤電車|通勤電聯車]]と台鉄支線で使用されていたDR1000(DRC)に復興号運賃体系を適用。
* 2006年現在復興号の運賃を1.46元[[ニュー台湾ドル|NTD]]/km、[[台北駅]]-[[高雄駅]]運賃は544元。
* 復興報は停車駅が多いため台北-高雄の所要時間は6時間40分。
33,236

回編集