「江戸酒問屋」の版間の差分

-cat
(+cat)
(-cat)
*:南茅場町、南新堀、[[霊岸島]]あたりに軒を連ねており、幕府直轄領の多い[[関八州]]の酒、すなわち関東の人から見れば地元の酒を扱った。そこで売られる[[地廻り酒]]は、江戸の消費者にとっては「下り酒」の反対語であり、地廻り悪酒などと悪口を叩かれ、「安物の酒」「まずい酒」といったニュアンスがあった。そこで地廻り酒問屋も地廻り酒だけでは商売が成り立たなくて、しだいに下り酒も扱うようになっていった。
 
<!-- [[Category:日本の経済史|えとさかとんや]] -->
[[Category:日本酒|えとさかとんや]]
[[Category:江戸時代の経済|えとさかとんや]]
匿名利用者