「万寿寺」の版間の差分

m
(→‎歴史: 通り名リンク)
室町時代には[[京都五山]]の第5位に数えられたが、永享6年(1434年)の火災後、衰微した。天正年間(1573-1592)には五山第4位の東福寺の北側にあった三聖寺の隣地に移転した。これは三聖寺の開山が万寿寺と同じ十地覚空と東山湛照であった縁によるものという。
 
三聖寺は鎌倉時代には禅宗式の大伽藍を持つ有力寺院であったが次第に衰微し、明治6年(1873年)に万寿寺に合併された。明治19年(1886年)には万寿寺が東福寺の塔頭となり、21世紀に至っている。『東福寺誌』によると、明治14年(1881年)に東福寺の仏殿が焼失した際、万寿寺にあった釈迦三尊像を東福寺に移して新しい本尊とした。これが現在東福寺の本堂に安置される本尊釈迦三尊像で、元来は三聖寺に安置されていたものである。このほか、東福寺境内にある愛染堂と仁王門、万寿寺入口にある鐘楼(以上、各重要文化財)ももとは三聖寺の建物であった。昭和10年(1935年)には[[京都市電]]と[[東大路通|東山通]]、[[九条通]]の開通により境内が分断され、万寿寺は東福寺の飛び地のような位置に置かれることとなった。
 
== 建造物 ==