「スピードキング NEO KOBE 2045」の版間の差分

m
lk
(全体的に加筆。)
m (lk)
}}
'''スピードキング''' ''(NEO KOBE 2045 SPEED KING)''はコナミより1995年に発売された近未来レーシングゲーム。
体感ゲームの中でも最大級のサイズを誇り、上下左右に揺れるのは当たり前で、筐体そのものが回転してGを作り出す。筐体価格は500万円すると言われた。
 
[[大型筐体ゲーム|体感ゲーム]]の中でも最大級のサイズを誇り、上下左右に揺れるのは当たり前で、筐体そのものが回転してGを作り出す。筐体価格は500万円すると言われた。
[[1996年]][[12月]]には[[プレイステーション]]にも移殖された。
 
[[1996年]][[12月]]には[[プレイステーション]]にも移殖された。当然ながら[[処理落ち]]が激しく移植度は良くないが、ゲームの雰囲気を気軽に味わうことができる。
 
== ゲーム概要 ==
近未来の街「ネオコウベシティ」(西暦2045年の[[神戸]]をイメージしている)を舞台に、タイヤの無い車「ホバービーグル」によって行われるレースゲーム。
 
ネオコウベシティは[[スナッチャー]]の舞台であり、背景には同ゲームに登場したコナミ・オムニビルなどの建造物が再現されている。看板などには日本語が多用されている。また、[[MSX]]版スナッチャーや[[メタルギア]]を開発したコナミ社内のチーム名である「METALSLAVE」の名前が随所に見られる。
 
== グラフィック&サウンド ==
BGMの作曲者は[[泉陸奥彦]]家庭用の追加曲は[[山岡晃]]が担当。
ギターサウンドを多用したハイスピードなテクノ調の曲が特徴。コナミの[[レゲー]]曲のフレーズを用いた曲などもあり、[[ナムコ]]の[[リッジレーサー]]シリーズを連想させる。
「スピードキング/対戦ぱずるだま オリジナル・ゲーム・サントラ」が発売されており、「コナミベストセレクション'98秋」にはアレンジバージョンが収録されている。
 
== 関連項目 ==
*[[小島秀夫 (ゲームデザイナー)|小島秀夫]]
*[[スナッチャー]]