「インヒビン」の版間の差分

記述の追加
(記述の追加)
'''インヒビン'''(inhibin)とは、雌では[[顆粒層細胞]]、雄では[[セルトリ細胞]]から分泌される[[糖タンパク質]][[ホルモン]]である。インヒビンは[[卵胞刺激ホルモン]](FSH)によって合成、放出が促進され、血中に放出されたインヒビンはフィードバック作用によって[[下垂体]]前葉に直接作用してのFSHの分泌を特異的に抑制する。通常雌ではインヒビンの作用により下垂体からのFSHの放出は抑制されているが、[[排卵]]によりインヒビン分泌が抑制されることにより、FSHが急激に放出される。
 
== 関連項目 ==
*[[卵胞刺激ホルモン]](FSH)
*[[下垂体前葉性性腺刺激ホルモン]]
*[[アクチビン]]
 
== 参考文献 ==
*高橋迪雄監訳 『獣医生理学第2版』 [[文永堂出版]] 2000年 501頁
*山内亮監修 『最新臨床家畜繁殖学』 朝倉書店 1998年 46-47頁 ISBN 4254460201
*獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
 
{{biosci-stub}}
4,296

回編集