「スピードキング NEO KOBE 2045」の版間の差分

家庭用記述追加、要出典
m (lk)
(家庭用記述追加、要出典)
'''スピードキング''' ''(NEO KOBE 2045 SPEED KING)''はコナミより1995年に発売された近未来レーシングゲーム。
 
[[大型筐体ゲーム|体感ゲーム]]の中でも最大級のサイズを誇り、上下左右に揺れるのは当たり前で、筐体そのものが回転してGを作り出す。筐体価格は500万円すると言われた。{{要出展}}<!-- 500万円すると言われた根拠を示してください。-->
 
[[1996年]][[12月]]には[[プレイステーション]]にも移殖された。当然ながら[[処理落ち]]が激しく移植度は良くないが、ゲームの雰囲気を気軽に味わうことができる。
「スピードキング/対戦ぱずるだま オリジナル・ゲーム・サントラ」が発売されており、「コナミベストセレクション'98秋」にはアレンジバージョンが収録されている。
 
== 家庭用追加要素 ==
PS版では、アーケード2機体の他にコナミのゲーム名を基にした6機体がゲーム開始時から使用可能。
 
ある条件をクリアすると、それ以外にも[[ビックバイパー]]やトライサイクル([[スナッチャー]])、あいつ([[パロディウス]]シリーズ)などがプレイヤーとして使用出来る。
 
また、エンディングが一部追加されている。 
 
== 関連項目 ==
*[[小島秀夫 (ゲームデザイナー)|小島秀夫]]
2,528

回編集