「アフォンソ2世 (ポルトガル王)」の版間の差分

編集の要約なし
m (robot Modifying: pl:Alfons II Gruby)
'''アフォンソ2世'''(Afonso II または Affonso II, [[1185年]][[4月23日]] - [[1223年]][[3月25日]])は第3代[[ポルトガル]]王(在位:1211年 - 1223年)。[[サンシュ1世 (ポルトガル王)|サンシュ1世]]の子。
 
1211年、ポルトガル史上初めて、[[コインブラ]]で[[コルテス (身分制議会)|コルテス(身分制議会)]]が開催され、貴族と聖職者の代表が参加した。
 
1212年、ナバス・デ・トロサの会戦で、キリスト教国連合軍は[[ムワッヒド朝]]軍に大勝した。この結果、アルガルヴェのイスラム政権の脅威が弱まり、セトゥバルとアルカセール・ド・サルを奪回した。
 
[[レコンキスタ]]で領土が拡大し、労働力不足が生じ下層農民階級の流動性が促進された結果、[[農奴]]が消滅した。
 
[[カスティーリャ王国|カスティーリャ]]王女ウラカと結婚。長男が[[サンシュ2世 (ポルトガル王)|サンシュ2世]]、二男が[[アフォンソ3世 (ポルトガル王)|アフォンソ3世]]、三男フェルナンドはセルバ領主となった。娘レオノールは[[デンマーク]]王[[ヴァルデマー2世 (デンマーク王)|ヴァルデマー2世]]妃である。
 
[[カスティーリャ王国|カスティーリャ]]王女ウラカと結婚。長男が[[サンシュ2世 (ポルトガル王)|サンシュ2世]]、男が[[アフォンソ3世 (ポルトガル王)|アフォンソ3世]]、三男フェルナンドはセルバ領主となった。娘レオノールは[[デンマーク]]王[[ヴァルデマー2世 (デンマーク王)|ヴァルデマー2世]]妃である。
 
{{先代次代|[[ポルトガル君主一覧|ポルトガル王]]|1211 - 1223|[[サンシュ1世 (ポルトガル王)|サンシュ1世]]|[[サンシュ2世 (ポルトガル王)|サンシュ2世]]}}
 
[[Category:ポルトガルの君主|あふおんそ2]]
[[Category:ボルゴーニャ家|あふおんそ2]]
[[Category:1185年生|あふおんそ2]]
[[Category:1223年没|あふおんそ2]]
匿名利用者