「ジェーン・グレイ」の版間の差分

編集の要約なし
(参考文献の詳細、ワイアットの乱追加、妹について)
編集の要約なし
[[Image:Lady Jane Grey (engraving by van de Passe) commons.jpg|thumb|right|225px|レディ・ジェーン・グレイ]]
'''レディ・ジェーン・グレイ''' ('''Lady Jane Grey''', [[1537年]][[10月12日]]? &ndash; [[1554年]][[2月12日]]) は[[イングランド]]の[[テューダー朝]]第4代の女王である。在位が非常に短い (ため([[1553年]][[7月10日]]<ref><small>ただし7月6日説もある。エドワード6世の崩御は7月6日だが、7月10日まで秘匿されたため、王位継承がどの時点で行われたか確定できないため。</small></ref> &ndash; [[7月19日|19日]]) ため)、歴代君主に数えない学者もいるが、英国王室はジェーンを正統な君主と認めている。父は王族ではない[[サフォーク公]]ヘンリー・グレイだが、母方の祖母が[[ヘンリー8世 (イングランド王)|ヘンリー8世]]の妹[[メアリー・テューダー (フランス王妃)|メアリー・テューダー]]であったため、これが王位継承権の根拠となった。
 
'''レディ・ジェーン・グレイ''' ('''Lady Jane Grey''', [[1537年]][[10月12日]]? &ndash; [[1554年]][[2月12日]]) は[[イングランド]]の[[テューダー朝]]第4代の女王である。在位が非常に短い ([[1553年]][[7月10日]]<ref><small>ただし7月6日説もある。エドワード6世の崩御は7月6日だが、7月10日まで秘匿されたため、王位継承がどの時点で行われたか確定できないため。</small></ref> &ndash; [[7月19日|19日]]) ため歴代君主に数えない学者もいるが、英国王室はジェーンを正統な君主と認めている。父は王族ではない[[サフォーク公]]ヘンリー・グレイだが、母方の祖母が[[ヘンリー8世 (イングランド王)|ヘンリー8世]]の妹[[メアリー・テューダー (フランス王妃)|メアリー・テューダー]]であったため、これが王位継承権の根拠となった。
 
 
== 来歴 ==
 
ジェーンの血統に着目したウォリック伯(のちの[[ノーサンバーランド公爵|ノーサンバランド公]][[ジョン・ダドリー]])は、政敵[[サマセット公]][[エドワード・シーモア]]([[エドワード6世 (イングランド王)|エドワード6世]]の母方の伯父)に反逆の汚名を着せ処刑した後、四男ギルフォードとジェーンを結婚させた。そうして、王位継承のライバルとなる[[ヘンリー8世 (イングランド王)|ヘンリー8世]]の子[[メアリー1世 (イングランド女王)|メアリー]]が[[カトリック教会|カトリック]]であることを利用し、熱烈な[[プロテスタント]]のエドワード6世を説き伏せ、病床の王からジェーン・グレイへの王位継承を指示する勅令を得た。ノーサンバランド公の最終目的は、ジェーンとギルフォードの息子(つまりノーサンバランド公の孫)を王位につけることにあったという。
 
== 注 ==
<references/>
 
 
== 参考文献 ==
* [http://www.ff.iij4u.or.jp/~yeelen/victims/jane/execution.htm The Execution of Lady Jane Grey] 『レディ・ジェーン・グレイの処刑』(デラローシュ) [[ロンドン]]、[[ナショナル・ギャラリー]]所蔵
 
{{先代次代|[[イギリス君主一覧|イングランド女王<br/>アイルランド女王]]|([[1553年]])|[[エドワード6世 (イングランド王)|エドワード6世]]<br/> |[[メアリー1世 (イングランド女王)|メアリー1世]]<br/> }}
 
 
{{先代次代|[[イギリス君主一覧|イングランド女王<br/>アイルランド女王]]|([[1553年]])|[[エドワード6世 (イングランド王)|エドワード6世]]<br/> |[[メアリー1世 (イングランド女王)|メアリー1世]]<br/> }}
 
[[Category:イングランドの君主|しえん くれい]]
匿名利用者