「長谷見沙貴」の版間の差分

全体にまとまりを欠いていたので推敲他
(Undo revision 12164767 by 124.208.168.112 (会話))
(全体にまとまりを欠いていたので推敲他)
 
== 概要 ==
元々はゲームクリエイター・イラストレーターだったが、2001年に[[馬越嘉彦]]と出会ったのが切っ掛けで[[おジャ魔女どれみ]]に入れ込み、男性版おジャ魔女どれみと言える[[リトルバスターQ]]を企画・立案した。更に[[天田印刷加工]]に企画を依頼され、[[おジャ魔女あどべんちゃ~ないしょのまほう]]の脚本オリジナルキャラクターの「マジョリズム(巻機山りずむ)」企画、[[馬越嘉彦]]氏キャラクターデザインを行ない、2004年秋に発売となった携わる
 
そして[[ピンキーストリート]]にも入れ込んだことから、「ピンキーSweetサキ(白)」「ピンキーBitterサキ(黒)」と名付けられた妖精のピンキーが入ったDVDアニメソフト2[[OVA]]2編の脚本を製作担当した。なお、この妖精は当然女性風となっている
元々はゲームクリエイター・イラストレーターだったが、2001年に[[馬越嘉彦]]と出会ったのが切っ掛けで[[おジャ魔女どれみ]]に入れ込み、男性版「おジャ魔女どれみ」と言える[[リトルバスターQ]]を企画・立案した。更に[[天田印刷加工]]に企画を依頼され、[[おジャ魔女あどべんちゃ~ないしょのまほう]]の脚本・オリジナルキャラクターの「マジョリズム(巻機山りずむ)」を企画、[[馬越嘉彦]]氏にキャラクターデザインを行ない、2004年秋に発売となった。
 
テレビアニメの脚本に入ったのは[[シュガシュガルーン]]が最初で、更に[[矢吹健太朗]]原作のアニメ『[[BLACK CAT]]』の脚本も担当。その縁で、現在[[週刊少年ジャンプ]]誌上にて『[[To LOVEる -とらぶる-]]』(作画:[[矢吹健太朗]])の脚本を担当している。そして「[[おジャ魔女あどべんちゃ~ないしょのまほう]]」で[[関弘美]](東映アニメーションプロデューサー)に認められ、[[出ましたっ!パワパフガールズZ]]の脚本も何本か担当していことになった
そして[[ピンキーストリート]]にも入れ込んだことから、「ピンキーSweetサキ(白)」「ピンキーBitterサキ(黒)」と名付けられた妖精のピンキーが入ったDVDアニメソフト2本を製作した。なお、この妖精は当然女性風となっている。
 
テレビアニメの脚本に入ったのは[[シュガシュガルーン]]が最初で、更に[[矢吹健太朗]]原作のアニメ『BLACK CAT』の脚本も担当。その縁で、現在[[週刊少年ジャンプ]]誌上にて『[[To LOVEる -とらぶる-]]』(作画:[[矢吹健太朗]])の脚本を担当している。そして「[[おジャ魔女あどべんちゃ~ないしょのまほう]]」で[[関弘美]](東映アニメーションプロデューサー)に認められ、[[出ましたっ!パワパフガールズZ]]の脚本も何本か担当することになった。
 
<!--
なお、「[[ジャンプコミックス]]の歴史を変えた作品」として販売店側の評価が高い「To LOVEる -とらぶる-」においては、たびたび[[盗作]]を指摘されることもあるが、明確な証拠はいまの所なく、ネットスラングで終わっている。「[[To LOVEる -とらぶる-]]」のコミックスにおいて、『ベタのベタをいく』と公言しているように、ストーリーや一部のシーンなど、過去のヒット漫画と似通っている点が多いとされる。むしろ確信犯的に作品を展開しているとも考えられる。
-->
 
== 作品一覧 ==
 
=== ゲーム企画 ===
* [[リトルバスターQ]](企画・脚本)
* [[おジャ魔女あどべんちゃ~ ないしょのまほう]](企画・脚本・マジョリズム発案
 
=== アニメ脚本 ===
13,767

回編集