「新鋭トーナメント戦」の版間の差分

「ひらがな部分とカタカナ部分はそのまま読みにも書く(WP:LS#読み仮名より)。」
(新しいページ: ''''新鋭トーナメント戦'''(しんえいとーなめんとせん)は、囲碁棋戦で、テレビ東京で放映され...')
 
(「ひらがな部分とカタカナ部分はそのまま読みにも書く(WP:LS#読み仮名より)。」)
'''新鋭トーナメント戦'''(しんえいなめんとナメントせん)は、[[囲碁]]の[[棋戦 (囲碁)|棋戦]]で、[[テレビ東京]]で放映された。[[日本棋院]]と[[関西棋院]]の、七段・30歳未満で、年間対局料・賞金額上位の[[棋士 (囲碁)|棋士]]が参加する。1969年から開始され、2003年33期まで実施。優勝者は翌年の[[早碁選手権戦]]へ出場資格を得る。2003年からは[[JAL新鋭早碁]]に発展。
* 主催 テレビ東京(旧東京12チャンネル)
 
== 方式 ==
* 出場棋士は、1年間の対局料・賞金ランキング上位棋士16名。(日本棋院13名、関西棋院3名)
* [[トーナメント方式]]で争われ、決勝戦は1番勝負。
* 持時間
** 1-14期 一人10分、使い切ると1手30秒
** 15-33期 一人5分、使い切ると1手30秒、3分の考慮時間を2回
 
== 歴代優勝者と決勝戦 ==
(左が優勝者)
# 1969年 [[石田芳夫]] - [[石井邦生]]
# 2003年 [[高尾紳路]] - 金秀俊
 
== 記録 ==
* 最多優勝 3回 趙治勲
* 男女混合棋戦初の女流棋士決勝進出 中澤彩子(1992年)
 
== 外部リンク ==
* [http://igo.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/title/japan/shinei.htm 囲碁データベース「新鋭トーナメント戦」]
 
{{棋戦 (囲碁)}}
13,991

回編集