「ソニン (清)」の版間の差分

m
失敬、差分を見た時、また漢字削除編集かと思った。ローマ字+カタカナは少々くどいがOKにする。
m (Florian氏の5月18日15:42(UTC)の発言に説明有り。英語版(記事名Sonin)にはモンゴル文字の画像もあります。まさかモンゴル文字の解字を説明しろと?)
m (失敬、差分を見た時、また漢字削除編集かと思った。ローマ字+カタカナは少々くどいがOKにする。)
'''ソニン''' ('''Sonin'''、'''索尼''' ?-[[1667年]]) は、[[清朝]]初期の重臣。漢字表記は索尼。[[ヘシェリ氏]]。正黄旗満洲。
 
1661年[[順治帝]]が亡くなり[[康熙帝]]が即位すると、先帝の遺詔により、幼い皇帝の補佐として、[[スクサハ]]、[[エビルン]]、[[オボイ]]とともにソニンが選ばれた。四人の力関係は微妙な均衡を保っていたが、1667年にソニンが死ぬと、まもなくオボイが覇権を握るようになった。
601

回編集