「オレステース」の版間の差分

m
+commons
m (sty)
m (+commons)
[[画像:William-Adolphe Bouguereau (1825-1905) - The Remorse of Orestes (1862).jpg|thumb|right|250px|''The Remorse of Orestes'' - [[ウィリアム・アドルフ・ブグロー]] (1862)]]
'''オレステス'''([[ギリシャ語|希]]:{{lang|el|Ὀρέστης}})は[[イリアス]]に登場するギリシャ軍の総大将[[アガメムノン]]の息子で[[ミュケナイ]]の王子。殺伐とした復讐譚[[オレステイア]]の主人公で、[[イリアス]]を巡る[[因果応報]]を精算する人物として描かれている。
 
'''オレステス'''([[ギリシ語|希]]:{{lang|el|Ὀρέστης}})は[[イリアス]]に登場するギリシャ軍の総大将[[アガメムノン]]の息子で[[ミュケナイ]]の王子。殺伐とした復讐譚[[オレステイア]]の主人公で、[[イリアス]]を巡る[[因果応報]]を精算する人物として描かれている。
 
子供の頃に父[[アガメムノン]]を殺した母[[クリュタイムネストラ]]と情夫[[アイギストス]]に命を狙われるが、姉[[エレクトラ]]の手引きで脱出する。成長したオレステスは従兄弟の[[ピュラデス]]を伴い父の仇である[[アイギストス]]を殺し、次いで息子に命乞いをする実母[[クリュタイムネストラ]]を手にかけた。しかしこの後、母殺しの罪によって復讐の女神たちの呪いを受け狂人となってしまう。だが、太陽神アポロンの助けを借りた[[エレクトラ]]によって正気を取り戻し、自分の犯した殺人の正否を問うため、アレオパゴスの丘で神々の裁判を受ける。神々の意見は二つに割れたが、[[アポロン]]と[[アテナ]]がオレステスを弁護したため無罪となる。
 
その後、オレステスは[[ミュケナイ]]に戻り王となり、スパルタの王である義父[[メネラエス]]の死後は[[スパルタ]]王も兼任した。
 
{{CommonscatN|Orestes}}
 
[[Category:ギリシア神話の人物|おれすてす]]
28,902

回編集