「第54回カンヌ国際映画祭」の版間の差分

+fr,hu
(第54回カンヌ国際映画祭)
 
(+fr,hu)
第54回[[カンヌ国際映画祭]]は2001年5月日から日にかけて開催された。
 
日本からは[[今村昌平]]、[[青山真治]]、[[是枝裕和]]監督作品の3つがコンペティション部門に出品されたが、何れも受賞は逃し無冠に終わった。
 
短編映画部門のグランプリを受賞したデイヴィッド・グリーンスパンの"Bean Cake"(おはぎ)は日本を舞台にしており、[[神田沙也加]]が出演していた。日本でも2001年のアメリカン・ショート・ショート・フィルムフェスティバル東京にて上映された。
*[[シュレック]] – アンドリュー・アダムソン、ヴィッキー・ジェンソン (アメリカ)
*[[バーバー (映画)|バーバー]] – [[コーエン兄弟]] (アメリカ)
*[[恋ころ]] – [[ジャック・リヴェット]] (フランス)
*家路 – [[マノエル・デ・オリヴェイラ]] (ポルトガル)
 
*[[なぜ彼女は愛しすぎたのか]] – [[エマニュエル・ベルコ]] (フランス)
*[[明日、陽はふたたび]] – [[フランチェスカ アルキブジ]] (イタリア)
*[[怪盗ブラック タイガー]] – ウィシット・サーサナティヤン (タイ)
*Ganhar A Vida – ジョアン・カニージョ (ポルトガル)
*Hatuna Meuheret (Late Marrige) – Dover Kosashvili (イスラエル、フランス)
*Jol (The Road) – ダルジャン・オミルバエフ (カザフスタン、フランス)
*La Libertad – Lisandro Alonso (アルゼンチン)
*[[情熱の嵐 LAN YU藍宇]] – [[スタンリー・クワン]] (香港)
*Le Parole di mio padre – フランチェスカ・コメンチーニ (イタリア、フランス)
*[[Lovely Rita ラブリー・リタ]] – ジェシカ・ハウスナー (オーストリア、ドイツ)
[[Category:カンヌ国際映画祭|54]]
[[Category:2001年の映画|*かんぬ]]
[[fr:Festival de Cannes 2001]]
[[hu:2001-es cannes-i filmfesztivál]]
12,876

回編集