「ヨーロッパ世界」の版間の差分

 
==概要==
ヨーロッパ世界の形成は[[ローマ帝国]]の東西分裂に伴い、旧[[西ローマ帝国]]の中では[[ローマ教会]]が[[東ローマ帝国]]の中では[[東方正教会]]が大きな影響力を有しながら展開していった。
===西ヨーロッパでのキリスト教世界の形成===
[[ゲルマン民族の大移動]]によって[[西ローマ帝国]]が滅亡すると、[[西ヨーロッパ]]をゲルマン民族が席捲した。その際、[[ラテン人]]の[[ローマ人]]との文化的融合が行われ、ゲルマン人は[[キリスト教]]を受容した。やがて各地にゲルマン人を主体とする王国が形成され、それはやがて[[フランク王国]]に収斂されて行った。[[カール大帝]]が[[ローマ教皇]]によって[[西ローマ帝国|西ローマ皇帝]]に戴冠すると、[[キリスト教]]([[カトリック教会|カトリック]])を信仰するゲルマン人にを主体とする世界が形成されていった。特にカトリック信仰は文明のバックボーンとなりゲルマン人に続いて[[マジャル人]]、[[スラブ人]]もカトリック受容によってこの文明世界の構成員となっていくことになる。これに続き、[[ヴァイキング]]後に成立した[[北欧諸国]]のカトリック化によってほぼ現在のヨーロッパ世界が完成したと言える。
===東ヨーロッパでのキリスト教世界の形成===
[[東ローマ帝国]]はローマ帝国分裂後も1000年近く命脈を保ったたため、周囲の[[東ヨーロッパ]]、[[バルカン半島]]地域のキリスト教化によるヨーロッパ世界の展開は東ローマ帝国と[[東方正教会]]と移住してきた[[スラブ人]]との闘争と融和のよって進行されていった。
 
==二つの楕円==
103

回編集