「ヨーロッパ世界」の版間の差分

===教皇と皇帝===
カソリックを精神的支柱として西ヨーロッパ世界では、[[神聖ローマ帝国]]の成立以後、精神世界の頂点である[[教皇]]と世俗の頂点である[[皇帝]]との対立が生じた。これは[[叙任権闘争]]によって顕在化することになる。
 
 
==ヨーロッパ世界の変質==
 
===東ローマ帝国の滅亡とオスマン帝国の圧力===
===ルネサンスと宗教改革===
 
===三十年戦争と「[[ウエストファリア体制]]」の成立===
 
 
==関連項目==
103

回編集