「堀川 (京都府)」の版間の差分

-cat京都市、-cat京都府の地理
(-cat京都市、-cat京都府の地理)
[[画像:Itijo-modoribashi.jpg|thumb|200px300px|一条戻り橋]]
'''堀川'''('''ほりかわ''')は[[京都府]][[京都市]]を流れる[[淀川]]水系の[[河川]]。
 
== 地理 ==
堀川の本来の源流は[[北区 (京都市)|北区]]の[[船岡山]]東麓だが、現在この付近の水流は[[暗渠]]化されており、地表に水流は見られない。[[今出川通]]の南で地表に現れ、[[堀川通]]の東に沿って南下する。[[一条通]]の[[一条戻り橋]]はこの区間にある。[[二条城]]前の[[押小路通]]から南は再び暗渠となり、[[西本願寺]]の東でわずかに地上に現れるほかは堀川通の地下を流れる。[[近鉄京都線]][[上鳥羽口駅]]の西で開渠となり、すぐに[[鴨川 (淀川水系)|鴨川]]と合流する。鴨川との合流直前を除きほとんど水は流れていない。
 
== 歴史 ==
[[平安京]]造営以前には、古烏丸谷(現在の[[烏丸通]]付近)や古堀川谷(堀川通付近)に自然の河川が流れていたと推測されている。平安京造営にあたって、これらの川を改修して堀川小路に沿う運河としたのが堀川の起源である。なお[[朱雀大路]]を挟んで対称の位置には西堀河(現在の[[天神川 (京都市)|紙屋川]])が作られた。平安時代には物資の運搬のほか、貴族の庭園に水を引くためにも用いられた。後には農業用水や[[友禅染]]などにも用いられるようになった。
 
[[第二次世界大戦]]後の[[下水道]]の整備などにより、水流はほぼ消滅した。
 
== 堀川水辺環境整備構想 ==
堀川の今出川通から二条城までの開渠部に水流を復活させ、親水公園として整備する計画が京都市によって進められている。計画では[[琵琶湖疏水]]分線から賀茂川を[[サイフォン]]でくぐり、[[紫明通]]、堀川通の地下に導水路を設けて水を引く。二条城から下流では二条城の外掘を経て[[西高瀬川]]に放水する。[[2002年]]度から事業が始まり、[[2010年]]度に完了する予定である。
 
== 関連項目 ==
*[[堀川通]]
 
== 外部リンク ==
*[http://www.city.kyoto.jp/kensetu/kasen/kankyo/horikawa/index.html 堀川水辺環境整備構想] - 京都市河川課
 
[[Category:京都府の河川|ほりかわ]]
[[Category:京都市|ほりかわ]]
[[Category:淀川水系|ほりかわ]]
[[Category:京都府の地理|ほりかわ]]