「人間!これでいいのだ」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 捏造問題 ==
TBSは[[2007年]][[2月7日]]、同月3日放送の同番組内で、論文を無断使用したことを謝罪するとともに、表現に行き過ぎた点があったとする発表を行った[http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070207AT1G0703C07022007.html]
 
番組では、千葉工大情報科学部の「可聴域を超えた高周波が脳に与える影響」という論文を紹介した。そしてこの論文を根拠に超音波(番組内では「ハイパーソニック音」と表現)を聞くと頭がよくなると断定的に表現したが、論文の研究者には記憶力向上とは結びつけることは出来ないなどとして取材を断られていたという[http://www.asahi.com/national/update/0207/TKY200702070367.html][http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_02/g2007020711.html]。
 
さらに同日放送の中で、学習塾で風鈴の音を聞きながら学習する様子を紹介したが、風鈴は取材先との話し合いの上で、スタッフが持ち込んだもので[[やらせ]]演出であったことも発覚した[http://www.sanspo.com/geino/top/gt200702/gt2007020906.html]
 
TBSは不適切な表現について謝罪したが、[[2007年]][[2月8日]]現在「捏造」「やらせ」であることは否定している。[[関西テレビ放送|関西テレビ]]・[[フジテレビジョン|フジテレビ]]系「[[発掘!あるある大事典|発掘!あるある大事典II]]」での捏造が発覚した直後の放送だったこともあり批判を集めている
 
このことは[[2007年]][[2月10日]]次週放送分、夜7時50分頃のエンドロールの前に川田アナからお詫び・訂正および謝罪をしが行われた。また[[グリコ乳業]]・[[プロクター・アンド・ギャンブル|P&G]]を始めとしたすべての全国[[スポンサー]]が差し替えられ[[公共広告機構|公共広告機構(AC)]]の[[コマーシャル|CM]](枠CMの1本だけ[[地上デジタルテレビジョン放送|地デジ]]のCM・[[パーティシペーション|PT]]分はほぼACに)に充てられた。
 
翌週の2月17日と24日の放送では概ねの[[スポンサー]]のCMが再開したが、[[提供クレジット]]は非表示だった。また、[[グリコ乳業]]は3週の間この枠でのCMをせず、「[[ドリーム・プレス社]]」などに振り替えた。3月からは[[提供クレジット]]を復帰した。
 
== 出演者 ==
== スタッフ ==
;構成
*[[KIKO]]
*[[田中伊知郎]]
*[[やすけいいち]]
;オープニングアニメーション製作
*[[スタジオぴえろ]]
;キャラクター制作
*[[フジオ・プロダクション]]
;演出
*[[増山賢]]
;総合演出
*[[荒牧克久]]
;プロデューサー
*[[遠藤千鶴子]]
*[[小野由紀子]]
;制作プロデューサー
*[[大木一史]]
;制作
*[[TBSテレビ]]
匿名利用者