「人間!これでいいのだ」の版間の差分

編集の要約なし
{{現在進行}}
'''人間! これでいいのだ'''(にんげん - )は、[[東京放送|TBS]]で[[2006年]][[8月19日]]から[[2007年]][[2月24日]]まで毎週[[土曜日]]の19:00~19:56([[日本標準時|JST]])56に放送されていた[[生活情報番組]]であり、前番組の『[[ぴーかんバディ!]]』の企画・内容を大幅リニューアルする形でスタートした。ただし、[[テレビ山口]]では「[[SMAP×SMAP]]」([[フジテレビジョン|フジテレビ]]系)を遅れ放送しているためネットされていない(2時間スペシャルの時にはネットされる)。
 
== 番組概要 ==
前身は[[2005年]]7月に[[日本テレビ放送網|日本テレビ]]を退社して[[フリーアナウンサー]]に転身した[[福澤朗]]が、フリーになって初のレギュラー番組として2006年4月に鳴り物入りでスタートした『[[ぴーかんバディ!]]』。しかし、2006年[[5月6日]]放送分で、[[白インゲン[[豆]]を使った[[ダイエット]]法を紹介したところ、全国の視聴者から[[下痢]]や[[嘔吐]]を訴える騒動が起こった。また、視聴率も低迷していることから、TBSは『[[ぴーかんバディ!]]』を[[8月12日]]に終了し、翌週の8月19日から番組タイトル・企画内容を大幅にリニューアルして、番組タイトルを『人間!これでいいのだ』に改めることになった。
 
番組内容は『ぴーかんバディ!』の時とは違って、健康美容に限らず心理・脳・性格など[[人間]]の心と体を、科学の側面から取り上げる。かつて人気のあった『[[スパスパ人間学!]]』にかなり近い番組のつくりとなっている。
 
しかし視聴率に改善が見られないのと、いわゆる捏造問題(下記参照)の影響で2007年2月24日放送分で[[打ち切り]]が決定した(TBS。TBSは「この問題が直接の原因ではない」と説明している
 
番組は『ぴーかん - 』から引き続き福澤朗が司会を務めるが、番組の案内役として、[[赤塚不二夫]]の[[漫画]]『[[天才バカボン]]』のキャラクター・'''バカボンのパパ'''(声:[[富田耕生]](2代目))を起用する。番組タイトルもバカボンのパパの決め[[台詞]]"'''これでいいのだ'''"を採用した。
TBSは2007年2月7日、同月3日放送の同番組内で、論文を無断使用したことを謝罪するとともに、表現に行き過ぎた点があったとする発表を行った。
 
番組では、千葉工大情報科学部教授(当時)らによるの「可聴域を超えた高周波が脳に与える影響」という論文を紹介した。そしてこの論文を根拠に超音波(番組内では「ハイパーソニック音」と表現)を聞くと頭がよくなると断定的に表現したが、論文の研究者には記憶力向上とは結びつけることは出来ないなどとして取材を断られていたという
 
さらに同日放送の中で、学習塾で風鈴の音を聞きながら学習する様子を紹介したが、風鈴は取材先との話し合いの上で、スタッフが持ち込んだものであったことも発覚した。
匿名利用者