「クリスチャン6世 (デンマーク王)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
{{修正2|4}}
[[Image:Christian6.jpeg|thumb|250px|Christian VI from Oluf Nielsen's "''Kjøbenhavn paa Holbergs Tid''" ("Copenhagen During the Time of Holberg'"), Copenhagen 1884.]]
'''クリスチャン6世'''('''Christian VI'''、[[1699年]][[12月10日]] - [[1746年]][[8月6日]])は、[[デンマーク]]および[[ノルウェー]]の国王(在位:[[1730年]] - [[1746年]])。[[フレデリク4世 (デンマーク王)|フレデリク4世]]と王妃[[ルイーゼ・フォン・メクレンブルク|ルイーセ]]の子。[[ゾフィー・マグダレーネ・フォン・ブランデンブルク=クルムバッハ]]と結婚した。[[フレデリク5世 (デンマーク王)|フレデリク5世]]の父である
 
[[フレデリク4世 (デンマーク王)|フレデリク4世]]と[[ルイーズ・メクレンブルク=ギュストロー]]の間の子。[[ゾフィー・マグダレーネ・フォン・ブランデンブルク=クルムバッハ]]と結婚した。[[フレデリク5世 (デンマーク王)|フレデリク5世]]の父である。
 
== 生涯 ==
クリスチャン王の敬虔主義の視点は、もちろん、彼の教会政策に大きな影響を与えた。表面上は王は勝利を収めていたが、牧師たちと多くの人々はひそかに王の路線に抵抗し、そして彼の死後には敬虔主義は公的な庇護を失った。それはその時代、[[ハンス・アドルフ・ボルソン]]ほか文筆家の多くの詩に多大な影響をあたえた。もう一つの王の努力の結果は[[1736年]]の「[[秘蹟]]の確証」(confirmation)の導入であった。
 
敬虔主義と(adscription)に加えて、クリスチャン6世と「活動の建築」は結びついていて、彼はもしかしたら18世紀に最も偉大な建設家だったかもしれない。彼の王妃もまた特筆すべき努力をした。彼の業績のなかでは[[クリスチャンスボー城]]([[1732年]]から翌年造営。[[1794年]]焼失。再建)、[[シェラン島]]北部の[[ヒルショホルム宮殿]](現在の[[Hørsholmヒルスホルム]]市庁。[[1737年]]から[[1739年]]に造営。[[1812年]]破壊)、そして、[[Eremitage]](1734Eremitage(1734年から1736年に造営。現存している)がある。それらの豪華な建造物は、権力を誇示する目的で建設されたが、臣民に対しては経済的負担となった。
 
彼の外交政策は平和的なものであり、デンマークは厳格な中立を維持した。貿易と商業は進歩の時代であり、幾つかの銀行と企業が設立された。クリスチャン6世の晩年、[[スウェーデン]]では、[[ヘッセン王朝]]の断絶が明らかになると、平和理に自家[[オルデンブルク朝|オレンボー家]]を推戴したが、[[ロシア帝国]]の強い意向で、オレンボー家の分家の1つ[[ホルシュタイン=ゴットルプ家]]が成り代わった。
匿名利用者