「アミロペクチン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''アミロペクチン''' (Amylopectin) とは、多数の[[グルコース|α-グルコース]]分子が[[グリコシド結合]]によって[[重合]]し、枝分かれの多い構造になった[[高分子]]である。枝分かれから枝分かれまでの長さは、グルコース約20個分である(平均でグルコース残基約25個に1個の割合で分枝構造をもつ。直鎖部分の長さは18 - 24残基、分岐間は5 - 8残基の間隔がある)。[[アミロース]]と同じく[[デンプン]]分子であるが、形状の違いにより異なる性質を持っている。通常のデンプンには80%ほど含まれる。モチ米の主成分
モチ米の主成分。
 
== 性質 ==
匿名利用者