「プーティン」の版間の差分

m (robot Adding: sv:Poutine)
プーティンには、塩味のものと甘いものがある。[[ジャガイモ|じゃがいも]]をすりおろして作ったダンプリング状のプーティンや、[[小麦粉]]で作った団子状のプーティンはスープに入れて煮る。[[ニューブランズウィック州]]南東部、[[モンクトン市]]付近の伝統料理プーティーヌ・ラペ(Poutine Râpée)は、すりおろしたじゃがいもと[[マッシュポテト]]を混ぜて作ったソフトボール大の団子の中に塩漬けの[[豚]]の三枚肉が入り、[[メープルシロップ]]、[[モラセス]]、[[ケチャップ]]等をかけて食べる。ダンプリングはフランスの伝統料理ではないが、ドイツにはよく似た料理が存在するため、フランス系移民がアカディアでドイツからの移民と接触した結果、アカディア人の料理に取り入れられたと考えられている。
 
甘いプーティンは[[デザート]]になる。プーティーヌ・ア・トゥルー(Poutine à Trou)、プーティーヌ・アン・サック(Poutine en Sac)は小麦粉を水で捏ねて作った生地で果物を包んで蒸した菓子である。プーティーヌ・オ・パン(Poutine au Pain)は[[パン]]の[[プディング]]で、四角いフルーツ[[パイ (料理)|パイ]]もプーティンと呼ばれる。
 
アカディア人のプーティンは、アカディア人が多い地域以外ではほとんど知られていない。現在アカディアと呼ばれる地域では、ニューブランズウィック州北東部[[カラケット (ニューブランズウィック州)|カラケット]]市 ([[w:Caraquet, New Brunswick|Caraquet]]) の近くの「ル・ヴィラージュ・イストリーク・アカディアン」 ('''[[::fr::Village Historique Acadien|Le Village Historique Acadien]]''') をはじめとする、アカディア人の昔の生活を再現した[[テーマパーク]]等でプーティンを食べることができる他、[[缶詰]]のプーティーヌ・ラペもスーパーマーケットなどで市販されている。
匿名利用者