「パイの実」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''パイの実'''は、[[1979年]]、[[ロッテ]]によって発売されているお菓子。
 
[[パンノキ]](パンの木)は熱帯の植物で、焼いた実は[[パン]]のような風味がする。少年時代のパッケージデザイナーにはあたかもそれが「パンが次々となる夢のような木」に感じられたという。そこから連想を働かせ、[[パイ (料理)|パイ]]が次々なっていく木があったらおもしろいだろうということが、商品名の由来になっている。サクサクのパイ生地に、中に[[チョコレート]]が入っているものだ。
 
チョコレートの他に冬季限定のキャラメルミルク味がある。また、地域限定版として、おおきなパイの実:バナナカスタード(東京)・抹茶(京都)・みかん(静岡)・信州りんご(長野)がある。最近では期間限定でピーチパイやマロンパイが発売されている。
匿名利用者