「飯塚高史」の版間の差分

m (+en)
[[1999年]][[1月4日]]、[[小川直也]]対[[橋本真也]]戦における場外乱闘で、小川のセコンドについていた[[村上和成]]に対し、一時昏睡状態に陥るほどのダメージを負わせた張本人とされる(これが原因で、村上は一時執拗に飯塚の首を狙っていた)。
 
[[2000年]][[1月4日]]、橋本とのタッグで小川・村上組に勝利。[[4月7日]]にはシングルで村上に勝利すると、[[7月20日]]に健介の持つ[[IWGPヘビー級王座]]に挑戦。試合には敗れるものの、その後の[[G1 CLIMAX]]で[[永田裕志]]と大会中ベストバウトと呼ばれる試合を展開。[[G1 TAG LEAGUE|G1タッグリーグ戦]]では永田と組んで初優勝と、飯塚にとって2000年は非常に実りの多い年であった。しかし[[2001年]]、[[長井満也]]との試合で首を負傷し、長期欠場を余儀なくされる。エル・サムライおよび[[野上彰|AKIRA (プロレスラー)|野上彰]]との3人で「新世代闘魂トリオ」という形で売り出されたこともある。
 
== 略歴 ==
匿名利用者