「茅原実里」の版間の差分

 
==== おしゃ木でのエピソード ====
* K2005年4月からパーソナリティをつとめていた『おしゃ木』(K'z Station『おしゃべりやってまーす木曜日』、すなわち『おしゃ木』の中では'''魔法にかかってしまった残念な子'''として小野坂から弄られる役回りが定着してい。「魔法がかかっている」または「残念な」とは、番組内のコーナー企画に由来するものであり、あまり頭が良くないといったことの婉曲表現である<ref>事実として、番組内で英単語のスペル書き取りであるとか、日本の都道府県・世界の国の地図上での場所当て(オフレコで行われた初回の結果はブログで見ることができる)世界の国の地図上での場所当てといった問題で珍回答を連発しているた。</ref>。
* 料理対決の企画において自宅で[[卵焼き]]を作って持って行ったところ、大不評だったことは『おしゃ木』内での語りぐさである<ref>ちなみにこのときの卵焼きは、卵1パック12個(通常卵の1パックは10個であるが、ブログ上では12個と書かれており番組内でも12個と言っている)を一度に使ったとてつもないものであった</ref>。また、[[きんぴらごぼう]]も同時に作っており、辛いもの好きである彼女らしく一般人にとってはとても辛い味付けだった。
* 体調不良による眠たさのあまり、収録中に白目をむいて意識が飛んでしまったことがある。その回は全体を通して異常に低いテンションであり、本人も後の回で迷惑をかけてしまい申し訳なかったと謝罪している。
* 「紅みゆな推進委員会」というコーナーにおいて、作家の'''紅みゆな'''というもう一つの顔を持っている。番組内で自らが書いた脚本による[[ラジオドラマ]]を、小野坂や松来と共に演じている<ref>本人はとても楽しんでいる様子で、脚本が出来上がったときに自分の才能に感動し、番組の構成作家である[[伊福部崇]]に「わたし、作家になろうかしら」と午前3時にも関わらずメールを送ったこともあった。しかし、番組内では小野坂や伊福部に作品設定の矛盾やおかしな部分を厳しく突っ込まれている</ref>。ちなみに紅みゆなとは、[[漫画家]]を目指していた中学生時代に『[[マーガレット (雑誌)|マーガレット]]』に投稿した時のペンネームである。
* 小野坂と松来に、声優業界屈指の[[巨乳]]と言われている。小野坂曰く「顔がかわいくて胸がでかくて性格が良さそう、だけど残念」とのことである。
* なお、2007年1月に休養に入った。より、『一騎当千 Dragon Destiny』のアフレコと『おしゃ木』の撮影の日程がバッティングしてしまったらしいがため(小野坂談)、休養に入った。過去の『おしゃべりやってまーす』では休養名目でそのまま自然脱退するという例が多い事から、無事に復帰するかファンが危惧するファンが多く、毎回ネタにされながら復帰を待ち望まれていたが、2007年3月29日配信分で本人から正式に卒業(脱退)することが報告された。
 
== 出演作品 ==
775

回編集