「コプラ」の版間の差分

編集の要約なし
 
== 利用 ==
圧搾しコプラ油(椰子油)は、生の[[ココナッツミルク]]などに比べて[[酸敗]]の恐れが少ないことから、[[マーガリン]]などの[[加工食品]]の原料油脂になるほか、生体への攻撃性の少なさから[[石鹸]]、[[蝋燭]]など日用的な工業製品の原料となる。
 
コプラ油の絞りかすは[[有機肥料]]、[[家畜]][[飼料]]となる。飼料の利用には、フレーク(コプラフレーク)に加工し用いられる。[[ビタミン]]類や油脂類に富むことから、日本では肥育を行うブランド[[ウシ|牛]]の飼料として定評がある。
匿名利用者