「松井簡治」の版間の差分

編集の要約なし
[[松井簡治]](まついかんじ、[[1863年]][[5月18日]]-[[1945年]][[9月26日]])は、明治から昭和にかけて活躍した[[国語学者]]。号は刀水。[[千葉県]][[銚子市]]出身。[[東京大学]]を卒業後、[[学習院]]教授、[[東京高等師範学校]]教授、[[東京文理大学]]教授を歴任。20年近くかけて[[国語辞典]]、[[大日本国語辞典]]を著し、その後修訂を続けた。(その遺稿は、孫の[[松井栄一]]が編集主幹を務める[[日本国語大辞典]]に載せられた。)
[[Category:国語学者|まついかんし]]
[[Category:1863年生|まついかんし]]
匿名利用者