「アラン・ホールズワース」の版間の差分

m (robot Adding: no:Allan Holdsworth)
彼はインタヴューの中で「指板上の運指のイメージから新たな[[音階]]を発想する」と言った事があり、この事は、彼の音楽的発想の特長と独自性を示すものである。
新たなスケールの着想が得られた場合はカードにメモを取るらしく、そうしたカードのストックは膨大らしい。
 
また彼は機材に対する探究心も旺盛で、初期の頃から市販品に彼独自のアイデアによる改造を盛り込んだギターを使用していた。現在主流であるストラトタイプのボディにフラットなフィンガーボードと太いフレット、ハムバッキング・ピックアップを搭載するなどの改造は彼のアイデアが大元であると言われる。ピックアップはパッシブタイプの比較的出力の低いハムバッカーを用いるが、彼がセイモア・ダンカンに造らせたモデルは螺子に成ったポールピースが両側に並ぶ独特の構造であり、彼によるとそうすることにより偏りの無い音が得られると考えているらしい。其のモデルの市販品は4芯だったが、彼が愛用しているのは2芯シールドと呼ばれるタイプ。アンプもいろいろなタイプを試しているが、音的に優れているが動作が不安定な真空管式には一定して否定的であるようだ。(現在はヒュースアンドケトナー製のデジタルコンボを使用している。)
 
==外部リンク==
匿名利用者