「Active Server Pages」の版間の差分

ASPのバージョンについての詳細の記載と、PWSについての言及。
(ActiveScriptによって利用できる言語を変更できるということを追記した。)
(ASPのバージョンについての詳細の記載と、PWSについての言及。)
'''Active Server Pages'''(アクティブサーバーページ、略語'''ASP''')は[[マイクロソフト]]が開発した[[Webページ]]を動的に作成する技術である
 
[[HyperText Markup Language|HTML]]などの[[マークアップ言語]]と[[VBScript]]や[[JavaScript]]などの[[スクリプト言語]]を組み合わることで成り立つ。[[ウェブページ]]間のデータのやりとりが容易であるため、[[電子商取引]](インターネットを通じた通信販売)などで活用されている。同様の技術として、[[サーブレット|Javaサーブレット]]、[[JavaServer Pages]](JSP)、[[PHP Hypertext Preprocessor|PHP]]などがある。ASPを動作させるための[[Webサーバ]]は[[Internet Information Services]](IIS)があり、IISはマイクロソフトのサーバ向けOS([[Microsoft Windows NT|Windows NT Server]]、[[Microsoft Windows Server 2003|Windows Server 2003]])に付属している。
 
ASPを動作させるための[[Webサーバ]]は[[Internet Information Services]](IIS)や[[Personal Web Server]](PWS)があり、IISはマイクロソフトのサーバ向けOS([[Microsoft Windows NT|Windows NT Server]]、[[Microsoft Windows Server 2003|Windows Server 2003]])に付属し、PWSは[[Microsoft Windows 95|Windows 95]]、[[Microsoft Windows 98|Windows 98]]にインストールすることが出来る。
ASPは基本的にWindowsとIISの組み合わせでしか利用できないが、[[Apache HTTP Server|Apache]]上でASPを動作させるプロジェクトも有る。[http://www.apache-asp.org/ Apache::ASP]を参照。
 
ASPは基本的にWindowsとIIS、PWSの組み合わせでしか利用できないが、[[Apache HTTP Server|Apache]]上でASPを動作させるプロジェクトも有る。[http://www.apache-asp.org/ Apache::ASP]を参照。
ASPの後継技術としてASP.NETが開発された為、現在では新規システムの開発でASPが利用される事は減りつつあるが、小規模な動的ページで用いられる場合もある。
 
ASPの後継技術としてASP.NETが開発された為、現在では新規システムの開発でASPが利用される事は減りつつあるが、企業のイントラサイトや、小規模な動的ページで用いられる場合もある。
 
 
==ASPのバージョン==
===ASP===
*Active Server Pages 1.0 (IIS 3.0) 1996年12月
*ASP version 1.0
*Active Server Pages 1.0b
*ASP version 2.0
*Active Server Pages 2.0 (IIS 4.0) 1997年9月
*ASP version 3.0
*Active Server Pages 3.0 (IIS 5.0) 2000年11月
 
===ASP.NET===
*ASP.NET version 1.0
*ASP.NET version 2.0
 
== ASPによるプログラム文法 ==
例1: Hello, Worldの文字列を出力させる。
<html>
49

回編集