メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
 
==成り立ち==
[[行商人]]とともに[[物資]]を[[輸送]]する列車はあまり見られないが、[[関東大震災]]を契機に[[千葉県]]から[[東京都]]への[[野菜]]の行商が始まり、専用列車として[[京成電鉄]]の野菜行商専用列車、通称'''「なっぱ電車」'''が走り始めた。
 
また[[近畿日本鉄道]](近鉄)では、[[魚介類]]を一般列車に持ち込むと悪臭など他の客の迷惑になるため、「伊勢志摩魚行商組合連合会」のための専用車両・列車を仕立てることになり、[[1963年]]に'''「[[鮮魚列車」''']]上記の[[鮮魚貨物列車]]とは異なる)として魚介類行商人のための[[団体専用列車]]が運行を開始した。
 
[[地方私鉄]]では[[気動車]]の端に「鮮魚台」と呼ばれるカゴを設置して、乗客とともに鮮魚を輸送していた。
 
==現状==
私鉄で運行されていた鮮魚列車や行商専用列車は、地方私鉄の相次ぐ[[廃線]]や合理化に伴い縮小し、最後まで運行されていの一途をどった。[[京成電鉄]]の「菜っ葉列車」も次第に縮小され、[[1982年]]からは最後尾1両だけの貸切で運行されている。また近鉄の「鮮魚列車」は、[[自動車]]の普及などにより利用客が減少したものの、現在でも平日・土曜の朝に[[近鉄大阪線]]・[[近鉄山田線]]の宇治山田駅~上本町駅間で、夕方に上本町駅~松阪駅間で運行が行われている。
 
==外部リンク==
2,711

回編集