「不飽和結合」の版間の差分

アレンの跡地に加筆
(アレンの記述を アレン (化学) に分割)
(アレンの跡地に加筆)
'''不飽和結合'''(ふほうわけつごう、unsaturated bonds)bond)とは、隣接する原子間で2価以上で結合している化学結合であり、ほとんどの場合は1つの[[σ結合]]と1つないしは2つの[[π結合]]から形成されている。不飽和結合を持つ化合物を'''不飽和(化合物)'''と呼ぶ、ただし、[[錯体]]においては18電子則を満たさないものを不飽和(化合物)であると言う。
 
通常の有機化合物においては、[[二重結合]]あるいは[[三重結合]]を有することであり、炭素原子間に不飽和結合を持つものとしては、[[アルケン]]、[[アルキン]]、[[芳香族化合物]]などがある。また、不飽和結合は炭素原子間である必要はなく、[[ケトン]]、[[アルデヒド]]、[[イミン]]も不飽和化合物である。
 
遷移金属化合物の場合、[[Δ結合|δ結合]] の関与により四重結合以上の結合次数を示すものも知られる。
 
== 種類 ==
***[[アルケン]]([[二重結合]]のみ)- [[エチレン]]、[[プロピレン]]、etc.
***[[アルキン]]([[三重結合]]のみ)
***'''クムレン''' - '''[[アレン''' (化学)|アレン]]
***[[ポリエン]](共役不飽和化合物)
**複素化合物 - [[カルボニル基]]、[[イミノ基]]
== 不飽和化合物 ==
== クムレン ==
'''クムレン'''([[w:en:cumulene|cumulene]])とは二つ以上の連続した二重結合からなる炭素骨格を持つ化合物の総称で、一般に&gt;C=(C)<sub>n</sub>=C&lt;の構造式で表される。最も単純な有機化合物のクムレンが'''は C=C=C 構造を有する[[アレン''' (化学)|アレン]]である。[[二酸化炭素]]もまた、クムレン構造を有している。
 
<gallery>
画像:Chiral sym CCCXYXY.svg|アレン誘導体
画像:Cetene2.png|[[ケテン]]
画像:Carbon-dioxide.png|二酸化炭素
画像:Carbon-suboxide-2D-dimensions.png|[[亜酸化炭素]]
画像:Carbon-disulfide-structure.png|[[二硫化炭素]]
</gallery>
 
== アヌレン ==
'''アヌレン'''([[w:en:Annulene|Annulene]])は大環状共役不飽和化合物の総称で、環を構成する炭素数(通常nは3以上)を"<nowiki>[ ]</nowiki>"を使用して接頭辞で命名する([[IUPAC命名法]])。'''アンヌレン'''は学術用語としては正しくない([[学術用語集]]・化学編)
 
"<nowiki>[4n+2]</nowiki>アヌレン"は芳香族性を示すのに対して、"<nowiki>[4n]</nowiki>アヌレン"は反芳香族性を示す。([[ヒュッケル則]])
24,969

回編集