「米切手」の版間の差分

編集の要約なし
(chcat)
編集の要約なし
'''米切手'''(こめきって)とは、[[江戸時代]]、[[蔵屋敷]]が[[蔵米]]の所有者に発券した[[米]]の保管証明書([[蔵預り切手]])のこと。
 
蔵屋敷を営む[[商人]]の財力により[[信用]]があったため、初めは発行後30日以内に米の蔵出しを行うことが義務づけられていたが、徐々に流通[[証券]]としての性格を持ち、[[転売]]が行われるようになっていった。
匿名利用者