「象嵌」の版間の差分

({{画像提供依頼}}はWikipedia:画像提供依頼へ依頼してから貼ってね)
 
その他[[磁器]]においては、いったん成型した器に彫刻を施し、そこに色の異なる土を象嵌する方法がある。
また金属ではなく、薄く削った貝殻をはめ込む技法は'''[[螺鈿''']](らでん)と呼ばれる。「螺」は貝のことで、「鈿」は象嵌のことである。
 
また、様々な色調の木材をはめあわせて絵の板を作り、それをカンナで薄く削り、和紙に貼り付けたものは、
匿名利用者