「ファンデルワールス結晶」の版間の差分

-ショ糖。ノートにコメントします。
編集の要約なし
(-ショ糖。ノートにコメントします。)
'''分子性結晶'''(ぶんしせいけっしょう)は、[[分子間力]]の一種である[[ファンデルワールス力]]によって形成される[[結晶]]のこと。'''ファンデルワールス結晶'''とも呼ばれる。
 
ファンデルワールス力による[[結合]]は弱いので、分子性結晶の[[格子エネルギー]]は弱く、[[融点]]が低かったり、柔らかかったり、昇華を持ったりする場合が多い。
 
主な例として、[[ベンゼン]]や[[ドライアイス]]、非極性の[[高分子|高分子化合物]]であるC<sub>10</sub>H<sub>8</sub>([[ナフタレン]])、C<sub>12</sub>H<sub>22</sub>O<sub>11</sub>([[ショ糖]])などがあげられる。
 
一般に、[[静電相互作用]]や[[水素結合]]などのより強い分子間相互作用がはたらかないような分子が結晶となる場合にとる形式である。
 
== 関連項目 ==
* [[ファンデルワールス力]]
* [[化学]]
* [[物性物理学分子結晶]]
* [[結晶学]]
 
[[Category:分子|ふんいせいけつしよう]]
[[Category:結晶|ふんいせいけつしよう]]
[[Category:化学|ふんいせいけつしよう]]
24,969

回編集