「編曲」の版間の差分

編集の要約なし
m (robot Adding: ru:Аранжировщик)
=== 普遍性‐作曲との関係 ===
ポピュラー音楽における編曲は、時代の流行に影響されることがほとんどである。ゆえに、比較的短時間のうちに「古めかしくなる」ことが多い。これに対して、曲(メロディー)そのものは古めかしくならないことがむしろ多く、編曲を変えることによって「リバイバル」させるということがしばしば可能である。なお、これとどの程度関係あるかは疑問ではあるが、編曲は編曲家によって特徴を出しやすく、作品を聞いて編曲をした者を推測することは、作品から作曲者を推測することよりも容易な場合が多い。
 
 
=== 編曲の著作権上の地位 ===
[[編曲]]は[[著作権法]]上は「二次的著作物」とされており、編曲された楽曲には編曲者の著作権だけでなく、原曲者の著作権も発生する。その上、編曲を行って、その楽曲を営利目的に用いるには原曲者との間に許諾、契約が必要でこれらが遵守されない場合は[[著作権]]侵害となる。近年の[[同人]]活動においては[[同人誌]]他の[[二次創作]]物と楽曲の編曲(もしくはそれを含むもの)が同列に扱われているが、法律上は別物であることが定められている。
 
==関連書籍==
匿名利用者