「楔数」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎性質: math)
編集の要約なし
'''楔数'''(くさびすう、[[英語|英]]:''sphenic number'')は[[自然数]]で、異なる3つの[[素数]]の[[積]]で表される[[合成数]]である。例えば66は 2×3×11 と3つの異なる素数の積に[[素因数分解]]されるので楔数である。楔数は無数にあり、そのうち最も小さい数は最小の3つの素数 2,3,5 の積である30となる。楔数を30から小さい順に列記すると
: [[30]], [[42]], [[66]], [[70]], [[78]], [[102]], [[105]], [[110]], [[114]], [[130]], [[138]], [[154]], [[165]], [[170]], [[174]], [[182]], [[186]], [[190]], [[195]], [[222]], [[230]], [[231]], [[238]], [[246]], [[255]], …
 
== 性質 ==
楔数nはそれぞれ異なる素数 p,q,r を用いて n=pqr と表され、[[約数]]は 1, p, q, r, pq, qr, rp, pqr の8つである。
 
全ての楔数は1以外の[[平方数]]を約数に持たず、<math>\mu(n)=-1</math> を満たす。ただしμは[[メビウス関数]]である。
匿名利用者