「長義和」の版間の差分

編集の要約なし
しかし[[1980年]][[5月24日]]、[[1979年]]12月に発生した[[ソ連]]の[[アフガニスタン]]侵攻にかかる問題で、[[アメリカ合衆国]]がモスクワオリンピックへのボイコットを西側諸国を中心に呼びかけたことに対し、[[日本政府]]が同調する動きになったことを受け、[[JOC]]総会の投票で日本の同大会ボイコットが決まり、翌月、不参加が承認された。
 
モスクワ大会の日本勢のメダル候補といえば、柔道の[[山下泰裕]]やマラソンの[[瀬古利彦]]、さらに女子[[バレーボール]]チームや、ボイコット決定の瞬間、号泣に暮れたことで有名となったレスリングの[[高田裕司 (レスリング選手)|高田裕司]](その後、一時引退)などが挙げられるが、これらの選手及びチームは、次の[[ロサンゼルスオリンピック (1984年)|ロサンゼルスオリンピック]]には出場することができた。しかし、もはや競輪選手への道すらない長はこのボイコットをもって現役を退かざるを得なくなった(ちなみに4年後のロサンゼルスオリンピックでは[[坂本勉]]がスプリントで銅メダルを獲得。日本自転車競技史上初のオリンピックにおけるメダル獲得となった)
 
ちなみにボイコットの知らせを聞いた長は、'''「全身から血が引いてゆくようです。」'''という言葉を残している。
匿名利用者