「交換日記」の版間の差分

大幅に加筆。
編集の要約なし
(大幅に加筆。)
'''交換日記'''(こうかんにっき)とは、[[日記]]の一種。1冊の日記帳を友人間などノートをまわ共有し、順自分回して日記をつけたり相手へ考えなどメッセージを書き込んでいく行為のこと。
 
== 概要 ==
1990年代に小学生から中学生、特に女子の間で流行した。
文書により交互に相手へのメッセージを伝え合う行為は[[相聞歌]]や[[文通]]など古代より多数存在しており、交換日記の正確な発祥は定かではないが、[[松本清張]]の著書『刑影』内で[[菊池寛]]と[[渋谷彰]]が[[1900年代]]初頭に交換日記をしていたことが分かる。
 
自分のプライベートな生活や心情をつづった「日記」を他人と共有するという行為には、相手との関係をより深いものにするという意味がある。
==参考文献==
若い女性同士で行われることが多く、[[1990年代]]小学生から中学生、特に女子の間で流行した。
*[[あずきちゃん]]
また、異性同士での交換日記は、[[恋愛]]関係の入口としてさまざまな物語で取り上げられている。
*[[最終兵器彼女]]
 
交換日記は日本独自の習慣とされ、[[あずきちゃん]]・[[最終兵器彼女]]などの日本の[[テレビアニメ|アニメ]]で初めて交換日記の存在を知ったという外国人も存在する。
 
また、日記の内容を他人と共有し、それについてのコメントをもらうという習慣は近年[[インターネット]]上で急速に普及した[[Web日記]]や[[ブログ]]にも共通点が見られる。
 
== 関連項目 ==
*[[日記]]
*[[文通]]
 
==外部リンク==
* [http://q.hatena.ne.jp/1175923146 【交換日記の起源について】 - 人力検索はてな]
 
{{Stub|こうかんにつき}}
 
[[Category:文書作成|こうかんにつき]]
[[Category:コミュニケーション|こうかんにつき]]
[[Category:日本の文化|こうかんにつき]]
 
[[en:Exchange Diary]]