「長義和」の版間の差分

編集の要約なし
 
ちなみにボイコットの知らせを聞いた長は、'''「全身から血が引いてゆくようです。」'''という言葉を残している。
 
== エピソード ==
 
モスクワオリンピック開催直前当時、プロのスプリントの王者は[[中野浩一]]で、くしくも長と同じく1955年生まれ。
 
中野の[[世界自転車選手権]]10連覇は[[ステートアマチュア]]と言われた[[東欧]]勢が参加できないことによるところが大きいといわれているが、当時の自転車関係者の間では、中野の敵はもっと身近なところにいると言われたのが長であり、仮に長がモントリオールオリンピック後に競輪界入りしていたならば、中野の連覇記録は10も行っていないだろうという声が一部にある。
 
長は中野と同じく、「ナガサワ」のフレームを使用していた。
 
長が辞退した競輪学校第41期には、後に中野、[[滝澤正光]]と並び競輪界の三強を形成することになる[[井上茂徳]]がいた。
 
年齢制限にひっかかるからといって、日本アマチュア界の第一人者をどうして競輪界は受け入れてやらないのかという声も一部にはあったが、当時の競輪界は半ば聞く耳を持たずの状態で、長の一件があった以降も競輪学校の受験資格条件は変えられることがなかった。ところが、[[清水宏保]]が後に長野オリンピック後に競輪界入りを希望しながらも受験さえできなかったことが分かって漸く競輪界は受験資格の一部変更に踏み切り、また93期以降より、競輪学校の受験資格に年齢の上限制限はなくなった。
 
長は現役引退後、島野工業の一社員として当時の社長であった[[島野尚三]]の命を受け、ブレーキ部分にシフトレバーを組み込む開発に携わるなどして、「世界のシマノ」ブランドの形成の一翼を担った。
 
現在は[[和歌山県]][[田辺市]]で自営。
 
== 長を紹介した書物など ==
 
の悲劇ぶりを紹介した書物などがある
 
上記2つはモスクワ五輪にかかる話。
 
*[[深田祐介]]著:「さらば麗しきウインブルドン([[中央公論社]]刊)」の中の「銀輪きらめく日々」という項目。
 
*[[池井優]]:「一瞬にかけたアスリートたち([[清流出版]]刊)」の中の「ワレイマダモッケイタリエズ」という項目。
 
こちらは、シマノの技術力の高さを紹介した内容。
*[[深田祐介]]著:「さらば麗しきウインブルドン」の中の「銀輪きらめく日々」という項目。
 
*山口和幸:「シマノ 世界を制した自転車パーツ([[光支社]]刊)」
*[[池井優]]著:「一瞬にかけたアスリートたち」の中の「ワレイマダモッケイタリエズ」という項目。
 
また、[[NHK]][[朝の連続テレビ小説]]の[[やんちゃくれ]]の中で長をモデルとした人物が登場(大庭高志。配役は[[高橋和也]])している。
匿名利用者