「イカSUMMER」の版間の差分

リンクの付加、草取り
(加筆)
(リンクの付加、草取り)
| Last single = [[SAYONARA (ORANGE RANGE)|SAYONARA]] <br /> ([[2006年]]) |
| This single = '''イカSUMMER''' <br /> ([[2007年]]) |
| Next single = [[イケナイ太陽]] <br /> ([[2007年]]) |
}}
 
*前作『[[SAYONARA (ORANGE RANGE)|SAYONARA]]』からちょうど半年ぶりのリリースである。
*タイトルの「イカSUMMER」はまだ夏ではないのに夏の歌ということで如何様(いかさま=イカSUMMER)から付けられた。デモを配る際の仮タイトルだったが、そのまま採用された。
*ジャケットはかなりインパクトの強いものとなっている[<ref>http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SR/orangerange/SRCL-6546/index.html]</ref>
*YAMATOのクレジット欄には「球技はボクを裏切らない。VOX」と書かれている。また、NAOTOのクレジット欄には「前作といっしょ。」と書かれている。
*前作と同様、ジャケットにはロゴが載っていないが、CDを取った所のイカの足の部分の末端にロゴがある。
== 収録曲 ==
# イカSUMMER
#:[[カネボウ化粧品]]「ALLIE」のCMソングとして、2007年[[3月10日]]から放送されている。ORANGE RANGEらしいスピード感あふれる定番サマーソング。ORANGE RANGEのシングル曲では初めて[[サックス]]や[[トランペット]]が使われている、[[スカコア|スカパンク]]ロック。メロは非常に多彩かつ複雑で、YOH曰く「サビが6つある」。しかし[[マーティ・フリードマン]]はこれを「それぞれのフレーズが印象に残らず、覚えやすいと言う彼らの(曲の)いい面が少しだけ足りない」と評している。[<ref>http://arena.nikkeibp.co.jp/article/col/20070424/121742/]</ref>。
#:歌詞は[[サーカス]]団がイメージされている。冒頭や間奏などで聞こえる呪文のようなものは、作曲したNAOTOによると意味はない言葉で、「突っ込まれると困る」と語っている。付記されている翻訳はレコード会社が用意したもの。
#:[[ミュージックビデオ|PV]]もサーカスがイメージされており、地元・沖縄で沖縄の子供達の協力で撮影された。後半のサーカスのシーンは[[沖縄県|沖縄]]の[[闘牛場]]で撮影された。曲の途中から、メンバーの髪の毛が燃えているシーンがある。
== 外部リンク ==
*[http://www.kanebo-cosmetics.jp/allie/html/ カネボウ化粧品「ALLIE」ホームページ](音声に注意)
 
== 脚注 ==
<references />
 
{{ORANGE RANGE}}
3,625

回編集