「学術称号」の版間の差分

明確な類型はないが、大よそ、学術研究能力を証明する称号、顕彰を目的とした称号の2種類に大別することが出来、大半は顕彰を目的とした性格が強い。特に後者については本来、学術能力を評価する学術称号に対して、社会的功績を讃えることを目的としており多分に名誉称号としての性格が強い。故にこうした名誉称号的性格の強い学術称号を'''名誉学術称号'''という。
 
学術研究能力を証明する称号としては、主として[[博士]]、[[修士]]、[[専門職学位]]、[[学士]]、[[短期大学士]]などの学位及び[[準学士]]の称号など、いわゆる学位と学位に準ずる称号が代表例といえる。但し、学術研究能力ではなく技術的な評価により授与している[[専門職大学院]]が授与する[[専門職学位]]や[[専門学校]]で授与する専門士の称号を含めるか否かは時と場合により解釈がわかれるところである。
また、実績に応じ[[学会]]等が付与する[[フェロー|フェロー称号]]も学術研究能力を証する称号も学術研究能力を証明する称号の一種といえる。
 
19,145

回編集