「オルズベック・ナザロフ」の版間の差分

m
 
。1990年2月1日に他のソ連出身選手と共に両国国技館でデビュー。デビュー当時のリングネームは「グッシー・ナザロフ」(髪型が[[具志堅用高]]に似ている事が理由)。以後、破竹の連勝で日本ライト級王座、東洋太平洋ライト級王座を次々と獲得し、1993年10月21日にディンガン・トベラ(南ア)のもつWBA世界ライト級王座に挑戦。これを12R判定勝ちで下して同級王者になる。後に無名の外国人ボクサーで日本での集客のなく、さらに[[ライト級]]という欧米では人気選手の集まりやすい階級にもかかわらず低いファイトマネーと試合枯れのため、協栄ジムとの話し合いの末日本を離れ[[フランス]]のプロモーターと契約、その後は旧ソ連に戻りキャリアを終える。
 
日本プロボクシング史上唯一のデビュー戦からラストファイト首尾一貫してライト級で戦い世界チャンピオンになり[[指名試合]]をクリアした選手。
 
==戦績==
匿名利用者