「中島健蔵」の版間の差分

[[1925年]]、旧制松本高等学校文科乙類卒業。[[東京帝国大学]][[文学部]][[仏文科]]へ入学(無試験)。[[シャルル・ボードレール|ボードレール]]を原語で読むことが仏文進学の目的だった。同期の11人に[[今日出海]]、[[小林秀雄]]、[[淀野隆三]]、[[平岡昇]]、[[田辺貞之助]]、[[三好達治]]など。当時助教授だった[[辰野隆]]に師事。
 
[[1928年]]、東京帝国大学文学部仏文科卒業。副手として研究室に残る。[[英文科]][[教授]]の[[市河三喜]]から、フランス語の[[動詞]]choirの変化に関して質問を受けたが即答できなかったために侮りを受け、以来、市河とは犬猿の仲となる。
 
[[1933年]]秋、[[助手]]に昇格。このころから評論の執筆を始め、「作品」「文学界」の同人となる。[[1934年]]、[[辰野隆]]や[[鈴木信太郎 (フランス文学者)|鈴木信太郎]]の世話で臨時講師となる。「[[教授]]になれると思うなよ」と初めから念を押されていたが、その代わり学外では好き勝手にやらせてもらうことを約束させ、学内でも大学の予算でフランスの[[稀覯書]]を購入して自分のコレクションに加えるなどの自由を満喫した。
匿名利用者