「大回転」の版間の差分

編集の要約なし
'''大回転'''(だいかいてん)は、[[アルペンスキー]]およびアルペン競技または[[スノーボード]]公式競技の[[アルペン]]種目の1つ。'''ジャイアントスラローム'''(giant slalom)、'''リーゼン・スラローム'''(Riesenslalom)、'''GS'''とも称する。[[アルペンスキー]]大回転においては、スキーの長さは男子185cm以上、女子180cm以上、回転半径(スキーのサイドカーブのきつさ)はR≧21mとなっている([[FIS]]競技規則が変更され、08シーズンでは一部、09シーズンからはすべてのFIS公認大会で、男子R≧27m、女子R≧23mが適用される)
 
平均斜度15度~20度の中斜面・急斜面を、約30m間隔で設置された旗門を交互に通過しながら滑り降り、滑走2本の合計タイムを争う。
 
アルペンスキーでは、[[回転_(スキー)|回転]]に近い小刻みのターン技術と、[[スーパー大回転]]の持つスピード感を併せ持ったダイナミックな種目で、人気が高い。アルペンスキーの基本の種目とされることがある。他の種目同様に、[[カービングスキー]]の登場によって競技技術に革新的変化が起こった。スーパー大回転・[[滑降]]が高速系種目と呼ばれるのに対して、[[回転_(スキー)|回転]]・大回転は技術系種目と呼ばれる。
 
アルペンスノーボードでは1998年よりパラレル大回転が[[冬季オリンピック]]公式競技となっている。これ(スノーボード左足が前になるレギュラースタンスと、右足が前になるグーフィースタンスとがあるため、アルペンスキーとは違いパラレル大回転では左右対象の旗門設定になっている)。この種目は大回転競技が一つのコースを全選手が1人ずつ滑るのに対し、並行して設定されたコースを二人が並んで同時に滑走し、する。まずは一人で1本滑ったタイムで予選を行い、上位16位までが決勝トーナメントへ進出。決勝トーナメントでは二名が同時に滑走し、早い者が勝ち抜けていく。タイムが重要であることは変わらないが、勝者と敗者、速いか遅いかが一目瞭然で、観戦の娯楽性がより強い競技になっている。
 
[[category:アルペンスキー|たいかいてん]]
匿名利用者