「シングル」の版間の差分

シングル盤(2007年6月7日 (木) 12:03 (UTC) 主執筆者: 磯キリン, K. Takeda, 124.18.65.98, 126.66.153.129)を統合
m (冒頭テンプレートの並び替え)
(シングル盤(2007年6月7日 (木) 12:03 (UTC) 主執筆者: 磯キリン, K. Takeda, 124.18.65.98, 126.66.153.129)を統合)
{{Otheruses|レコード・CD}}
{{改名提案|シングル (メディア)}}
{{mergefrom|シングル盤|シングル}}
{{Globalize}}
{{出典の明記}}
[[sv:Singelskiva]]
[[zh:單曲]]
 
'''シングル盤'''(しんぐるばん)は、片面に1曲、裏表両面で1枚に2曲の楽曲を録音した[[レコード]]盤である。単に'''[[シングル]]'''とも言う。SP, EP時代を経て、その企画を受け継いでいる8cm[[コンパクトディスク|CD]](CDシングル)も、シングル盤と呼ばれる。
 
== SP盤 ==
78回転/分のSP盤は、その性能から、片面に3分30秒しか録音することができず、すべてシングル盤であった。日本で本格的にレコードや[[蓄音機]]生産されたのは、[[1920年代]]である。33回転/分のLP盤が発売されたのは、[[1951年]]であるが、[[流行歌]]や和製ポップスのレコードは、ほぼ50年代いっぱいSP盤で発売されていた。
 
== EP盤 ==
直径30cmの盤に、片面30分の楽曲が録音できるLP盤が登場し、さらに[[1958年]][[ステレオ]]録音のレコードが登場すると、SP盤は急速に衰退し、シングル盤は直径17cmで45回転/分の[[EP]]盤に移行する。EP盤は製造上の都合から、中心の穴が大きく、アダプターを介してプレイヤーに装填したため、'''ドーナツ盤'''と呼ばれた。シングル盤に対し、一枚に数曲から十数曲録音したレコードを、アルバムと呼ぶようになった。
 
== CD ==
[[1981年]]に[[コンパクトディスク|CD]]が登場する。通常のCDは12cmで片面最高74分(後に80分)録音できるが、ヒットソングなどは、10曲以上も入った商品は不要なため、ドーナツ盤の後継品として登場したのが8cmCD、'''CDシングル'''である。これには1枚あたり二十数分の録音ができるため、A面、B面曲の2曲のほか、それぞれのカラオケが録音されている。
 
== 関連項目 ==
* [[シングル]]
* [[アルバム]]
* [[レコード]]
 
[[Category:オーディオディスク|しんくるはん]]
46

回編集