「ヴァイマル伯」の版間の差分

m
伯爵→伯
m (伯爵→伯)
'''ヴァイマール伯''' ('''Graf von Weimar''')は、現在の[[ドイツ]][[テューリンゲン州]]に存在した独立した政治勢力及び当該地域の領主の[[爵位]]である。[[949年]]の記録に残る[[ヴィルヘルム1世 (ヴァイマール伯)|ヴィルヘルム]]が最初のヴァイマール伯として知られている。ヴァイマール伯家の出自は明らかではないが、[[バーベンベルク家]]と親族関係にあると推測されている。ヴィルヘルムの息子[[ヴィルヘルム2世 (ヴァイマール伯)|ヴィルヘルム2世]](大ヴィルヘルム、治世: [[963年]] - [[1003年]])の治下、ヴァイマール伯は、テューリンゲン地方で最も有力な貴族の一門となった。[[ヴィルヘルム4世 (ヴァイマール伯)|ヴィルヘルム4世]](治世: [[1039年]] - [[1062年]])は、[[ザクセン]][[宮中伯]]および[[マイセン辺境伯]]をも手に入れた。子供を遺さずに亡くなったヴィルヘルム4世の跡を弟の[[オットー1世 (ヴァイマール=オーラミュンデ伯)|オットー1世]](治世: [[1062年]] - [[1067年]])が継いだ。彼は、ヴァイマールの統治開始前、既にオーラミュンデ伯となっていた。彼は両領域を統合し、これ以後[[ヴァイマール=オーラミュンデ伯]]と呼ばれる。このうちの少なくともヴァイマール側の所領は1365年まで存続した。
 
== ヴァイマール伯 ==
* [[ヴィルヘルム4世 (ヴァイマール伯)|ヴィルヘルム4世]] 1039年 - 1062年
 
ヴィルヘルム4世以降は、[[ヴァイマール=オーラミュンデ伯]]を参照のこと。
 
[[Category:ドイツの歴史|うあいまるはく]]