「石見銀山ねずみ捕り」の版間の差分

編集の要約なし
(+cat)
'''石見銀山ねずみ捕り'''(いわみぎんざん- )ねずみとり)は[[江戸時代]]、[[石見国]][[笹ヶ谷鉱山]]で[[銅]]などと共に採掘された砒石(亜ヒ酸などを含む)を粉砕して作られた[[殺鼠剤]]([[ねずみとり]])。単に「[[石見銀山]]」や「猫いらず」とも呼ばれ、広く使われる。'''実際の「石見銀山」では産出されなかった'''が、その知名度の高さにあやかるため「笹ヶ谷」とは呼ばなかった。[[毒薬]]として[[落語]]・[[歌舞伎]]・[[怪談]]などにも登場する。
 
[[砒素]]は猛毒であり、幼児・愛玩動物・家畜などが誤食すると危険なため現在では殺鼠剤としては使われていない。また笹ヶ谷鉱山は既に廃鉱となる。
匿名利用者